FXはいったいどんなものか

subpage01

FXはForeigneXchangeの略です。
日本語で外国為替証拠金取引です。


証拠金(保証金)を担保にして、証拠金以上の金額の外貨を売買することができます。投資商品になります。
ほとんどの会社でその手数料は無料です。
例えば1ドル100円の時、1.000円を売って10ドルを買ったとします。
その後1ドル101円になった場合、買った10ドルを売って1.100円を買うことができます。
これがFXです。FXにはスワップポイントというものもあります。



新興国やニュージーランドドル、オーストラリアドルなど金利が高い通貨を買って金利が安い通貨を売った場合、その金利差の分をスワップポイントとして毎日受け取ることができます。



日割りで計上されますし、受け取りも毎日ですから、長期の運用に向いています。

なお外貨の取り引きは例えばドルの場合なら1万ドル、10万ドルといった単位です。
ですが、そのままだと100万円、1000万円といった資金が必要です。
そのため、少ない資金でも取り引きすることができるようレバレッジの仕組みができました。レバレッジは証拠金の数十倍、日本では最高25倍の金額を取り引きすることができます。

ただ、レバレッジを大きくかけ過ぎると、リスクが高くなります。
初心者は先ず1倍つまり証拠金のままの金額で取り引きしましょう。慣れてきたら、ハイリスクハイリターンを狙って、レバレッジを大きくかけるのも良いでしょう。

マイナビニュース情報ならこちらのサイトです。